将来は財テクであるという気

暮らしとは、一人一人に与えられたいわば時機であると策する。
暮らしは長くて90階層程。
0年代から20年代くらいまでは父母に育ててもらい、その先の60階層がとっても自分の暮らしを歩んで出向くという気持ちになるだろう。
0年代から20年代くらいまでは、まるで自分の暮らしをあゆむための大事な装備ターム。
父母はその大切な装備タームにどれだけのことを、やらせて上げるだろうか

私立の中学生に入学させて差し上げる。
好きな習い事をどんどんやらせて差し上げる。
暮らしの装備タームの大切さを教えて与える。

子と一緒に押し込める時間は実に限られている。
生まれてから、20階層×一年中 = 7300お日様。一日、7時刻規模一緒にいたとしても、51,100時刻。意外と数少ない。。。
小学生に訪ね始めれば仲よしがどんどんでき、子は子同士の時刻を大切にするであろう。
父母からすれば、独り立ちが始まると意外と寂しく罹るだろう。
しかし、子のことを考え、別れる辛さに父母も持ちこたえなければいけない。
独り立ちをするまでのタームに大切な物覚えを多々吐出し、子からもらった沢山の至福を大事にしたい。ミュゼ 300円 キャンペーン 予約